Dr.Raymond K.Yoza (ドクター レイモンド ヨザ)

アメリカ・ハワイ州オアフ島生まれ。
ハワイ大学、南カロライナ州シャーマンカイロプラクティック大学入学、卒業。
在学中よりピッツバーグのヴァーノン ピアース博士の元でインターンとして学ぶ。
アメリカ本土及びハワイ州、カナダ、ニュージーランド、韓国等で開催の多数の長期セミナーに参加、82年より、D.C治療開始。
以来、36年間に渡りドクターオブカイロプラクティックとして活躍するなかで、カイロプラクティックの技術及び量子物理学やエネルギーの基礎を使い、独自のレゾネントヒーリングを開発。98年からは、治療スタイルをこのヒーリング治療にすべて変更。
以後ドクターの治療を必要とする患者も、赤ちゃんからお年寄りまで、妊娠中の方、また妊娠を希望される男女と幅広い層に広がる。
又近年は、ペットのヒーリングの他スカイプやフェースタイム等コミュニケーションツールを利用しての遠隔ヒーリングにも力を入れ効果を実証 。
ハワイオフィスに来院せずともレゾネントヒーリングを受けるクライアントが世界中に広
がっている。
※D.C(Doctor of Chiropractic)とは、米国連邦政府公認“ドクター オヴ カイロプラクティック”の略称です。

Resonant Hearing (レゾネントヒーリング)

ドクター・レイモンド・ヨザは、アメリカでD.Cの資格を持つカイロプラクターとして36年に渡る経験に加え、様々なカイロプラクティックの技術や量子物理学やエネルギーヒーリングの基礎を使って、独自のレゾネントヒーリングを開発してきました。更にドクターヨザは誰もがこの方法を学べるように簡素化しました。
この宇宙にある全ての物にはエネルギーがあり、その全てのエネルギーには周波があり振動しています。土、植物、電話、コンピューター、私達の考えや感情さえあらゆる物はエネルギーであり、皆振動するのです。人間や物体がもっとも自然に振動する状態を共鳴すなわちレゾナンスと言います。
レゾネントヒーリングはヒーラー(治療をする人)が意思、思いやり、願望、愛情、感謝と言った気持ちを通してある特定の高い周波数の所で振動し、治療を受ける人がそのエネルギーに共鳴し反応して治癒される方法を言います。この反応の基礎はある一つのエネルギー源からのより強い振動は片方のエネルギー源をより弱くさせると言う事です。それは最初のエネルギー源の強い振動を閉じ込めるためです。
より強くなった振動と身体自身が本来持つ知能は頭脳と身体の他の部分とのブロックをはずし、身体自身が自分で治癒するように他の部分と接続してあげる力になります。あらゆる生物は治癒の仕方や生存する為に環境に順応できる生来の知恵を持って生まれています。私達はこの生来の知恵をInnate Intelligence(以下I.I.と呼びます)と呼んでいます。人間で言うならば、新生児に毎分何回心臓を鼓動させなければならないか、食物を摂取しそれを栄養吸収と排泄とに分けたり、病気と闘う為に白血球をどのように増やし使用するかを教えてくれるのがこのI.I.なのです。誰も新生児にこれらを教える必要はありません。
私達の身体そのものが全ての人間の中にいあわせる力強いドクターすなわちI.I.なのです。このI.I.は頭脳の中に存在しコンピューターのように働き、神経組織を使ってどのように私達の身体が動くのが良いか、他の部分とコミュニケートを取り命令を下してコントロールします。この生命の力は私達の身体全体に浸透し、流れて行きます。このエネルギーは様々な言い方で知られています。例えば日本では気と呼ばれ、ハワイではマナ、中国ではチ、インドではプラナと言われています。
もし身体のどこかに例えば肉体的、科学的、あるいは感情的なトラウマがあると、身体を流れる生命の力であるエネルギーの流れやコミュニケーションを減少させたり、ブロックさせたりして病気の症状を起こしたり、身体が治癒するのを妨げたりします。その結果はまるで水道のホースがねじれているようなもので、水はホースの中を流れてはいても充分な力で行き渡らないのです。栄養不足、食品や飲料水に含まれる化学的添加物、空気汚染、ストレスも又この生命の力であるエネルギーの流れに大いに関係してきます。
科学者は私達は頭脳の10%以下しか使っていないと断定しています。このレゾネントヒーリングで人間の持つ潜在的な能力の残りの90%にアクセスできます。より強い周波の振動と身体自身が持っているI.I.こそ私達の身体に変化を与え健康をもたらしてくれるヒーリングの力なのです。